おにんぎょうさん、ごきげんいかが?

 




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
箱入り少年、眠りからさめる。 :: 2012/03/30(Fri)

ぶりのこです。
今朝のおにんぎょうさんです。
いつ見ても美しいです(自己満足)。
長い間箱の中でくすぶっていた為、目玉(グラスアイっていうのですね)が曇っていたのですが、先日勇気を出しておにんぎょうさんの仲間がたくさんいる『天使のすみか』というお店へ行って相談したところ、綿棒で磨いてあげると良いですよ、とアドバイスをいただいたので早速実行。美しさが増して嬉しいです。
天使のすみかのお姉さんはとってもやさしくて、丁寧に色々なことを教えてくださいました。(その話はまた別のときにしようと思います)
お姉さんが言うには、うちのおにんぎょうさんは旧29番ヘッドだそうです。
3月30日のおにんぎょうさん13月30日のおにんぎょうさん2


スポンサーサイト
  1. おにんぎょうさん
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ことのはじまりは。 :: 2012/03/30(Fri)

ぶりのこです。
はじめてのブログです。
人様に聞かせるような有益な情報持ってないし…とネットに投稿なぞしたこともなかった(さして興味もなかった)のですが、はてさてどういうわけなのか、いろんな方向に転がりまくってここへ辿りつきました。

ことのはじまりは、2月のこと。
実家の物置に置いてあるおにんぎょうのことをふと思い出しました。

このおにんぎょう、かれこれ9年ほど前におともだちから贈り物としていただいたものです。
これがなんともリアルで美しく、フランス人形?ビスクドール?よくわからないけど大きくて重たいおにんぎょうさんなのです。
当時のぶりのこは、とにかくその美しさに驚くばかりで、箱から出すのももったいない気がして、大事に箱にしまったまま、ときどきこっそり覗いてみては、ニタニタとしていたものでした(不審者みたい)。このおにんぎょうさんが何者か、どこからやってきたのか、なんてことにはまったく頓着もせず、時々愛でるだけで精一杯だったのです。
最初の何ヶ月かは初めてのおにんぎょうさんにちやほやしていました。バー○ーやジェ○ー、リ○ちゃん人形すら触ったことがなかったので、かなり浮かれていたのです。でもしばらくするうち、あまりに美しすぎて、逆に怖くなってしまったんだと思います、箱の隙間からこっそり覗くこともしなくなり、引越しの際には「この箱なんだっけ?」の状態となり、すっかり記憶の隅っこへと追いやられてしまいました。今思うと…面目ないこと至極…であります。

そうこうして8年ちょっとの時間が過ぎました。この間、実家の物置の最上段に置きっぱなしとなっており、存在も忘れ去られて…かなしいおにんぎょうさん。大震災のゴタゴタにも負けず、再びの光を箱の中で待っていたのでしょう。

で。思い出しましたよ、やっと!
早速家に連れ帰り、生きているかしらんと状態を確認。殆ど新品状態で微笑んでおりました。
嬉しいのと同時に、このおにんぎょうさん何者なんだろう?と途端に気になり始めました。
とはいえ、贈り主のお友達は8年前に亡くなっています。手がかりは箱に添えられた「出生証明書」なるカードのみ。ネットで調べてみたところ、株式会社ボークスという会社が製造しているスーパー・ドルフィー13 というお人形ということが判明しました。
それで、ネットでいろいろ調べたり、他の方のお人形さんの写真を拝見したりしているうちに、ブログでこのおにんぎょうさんの話を聞いてもらいたいな、なんてな事を思うようになって、現在に至っているのであります。

ときどき、おにんぎょうさんのことを書いて自己満足したいと思います。
って、話ながっ。


  1. ひとりごと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。